株式会社 構造ソフト

製品情報ダウンロードサポート技術情報会社情報サイトマップ


■BUILD.耐診RCI&II/2001年基準Ver.5<評価版>
トップページ > 製品情報 > BUILD.耐診RCI&II/2001年基準Ver.5<評価版> > 概要

1次診断・2次診断による耐震診断プログラム


BUILD.耐診RCI&II/2001年基準 Ver.5 <評価版>(ロゴ)


「BUILD.耐診RCI&II/2001年基準Ver.5<評価版>」の後継バージョン「BUILD.耐診RCI&II/2001年基準Ver.6<評価版>」がリリースされました。詳細は、こちらをご参照下さい。





(財)日本建築防災協会・(社)建築研究振興協会
評価番号:P評価12-改2-RC


  • 「BUILD.耐診RCI&II/2001年基準Ver.5<評価版>」は、(財)日本建築防災協会発行「2001年改訂版既存鉄筋コンクリート造建築物の耐震診断基準同解説」の第1次診断、第2次診断法に準拠し、(財)日本建築防災協会・(社)建築研究振興協会の評価を取得したプログラムです。

  • オプション及び関連プログラムにより、各種基準に対応し、SRC造(2009年版)や補強等、様々な機能を追加することができます(評価対象外機能)。


[概要]
[入力]
[計算] [出力] [その他]


■ 特徴

  • プログラムは部分的に実行ができるように、準備計算部と集計計算部の2部構成になっています。準備計算部では建物形状を認識し、部材の終局強度、靭性指標(F値)、破壊モード等の計算を行います。集計計算部では準備計算結果から構造耐震指標(Is値)の計算を行います(評価版として実行する場合は一連実行が必要)。

  • 袖壁付柱の曲げ終局強度は、以下のどちらかの方法で計算することができます。
    ・断面分割法(完全剛塑性理論)
    ・断面積とせいが原断面と等価な長方形断面に置換し、壁の引張鉄筋を考慮した終局強度式


  • 壁の曲げ終局強度の評価方法は、与えられた軸力に対して曲げ終局強度を計算するものとし、高軸力下でも整合性のよい終局強度式を採用しています。

  • 第2種構造要素の判定は、以下のどちらかの方法で計算することができます。
    ・検討柱のみで検討する方法
    ・検討柱と周辺部材の軸力伝達を考慮した方法(評価範囲外機能)


  • 単独で使用できるだけでなく、「BUILD.一貫V」から建物形状や軸力をデータリンクすることが可能です。


■ 建物規模

  • 【通り数】
    X、Yいずれかの方向の多い通り数≦50
    代表架構数≦50
    (解析する通りを代表架構とし、構造上同一条件の架構がある場合は従属架構として入力)

  • 【階数】
    ≦50(評価版として実行する場合は6)


  • 【形状】
    下階壁抜け架構、セットバック壁のある架構、分岐する壁のある架構、オーバーハング壁のある架構にも対応しています。


■ 使用材料

  • 【コンクリート】
    普通コンクリート:Fc13.5〜Fc36
    軽量コンクリート:Lc13.5〜Lc27
    13.5未満の低強度コンクリートを用いた場合に、RC部材のせん断終局強度等の低減の有無を指定することが可能です(評価範囲外機能)。

  • 【鉄筋種別】
    SD295、SD345、SD390、SR235、SR295
    調査結果から得られた強度を採用する為に、強度を入力することも可能です。

  • 【鉄筋径】
    D10、D13、D16、D19、D22、D25、D29、D32、D35、D38、D41、D51
    R9、R12、R13、R16、R19、R22、R25、R28、R32
    主筋径を2種類入力することができます。
    柱で寄筋(2段筋)を考慮できます。

  • 【鉄骨種別】(評価対象外機能)
    H形鋼、ボックス鋼、鋼管、T形鋼、十形鋼

  • 【鋼材】(評価対象外機能)
    SS400、SM400、SM490、SM520、SN400、SN490、TM490、TM520

    調査結果から得られた強度を採用する為に、強度を入力することも可能です。





[概要]
[入力]
[計算] [出力] [その他]

次のページへ

[製品紹介へ戻る]



トップページへ
トップページへ

Copyright (C) KozoSoft Co.,LTD All rights reserved.