株式会社 構造ソフト

製品情報ダウンロードサポート技術情報会社情報サイトマップ


■構造設計者のための技術情報
トップページ > 技術情報 > 構造ホットライン > 構造設計者のための技術情報


保証設計やせん断破壊の取扱いをわかりやすく解説
<保有水平耐力時、保証設計時、Ds算定時の扱いとデータ制御>

2014年4月


要点

(1) 保有水平耐力時とは、30年前も今も建物が倒壊するまで押し切った状態のこと。
(2) 平成19年告示による保証設計とせん断破壊判定について。
(3) 時代により変化する保有水平耐力計算における応力状態と用語の定義。
(4) 弊社の一貫構造計算プログラム「BUILD.一貫IV+」でせん断破壊する時点を保有水平耐力とする方法。

詳細は、以下の図をクリックするとPDFファイルで表示されます。


説明(図をクリックするとPDFを表示します)

その他の「構造設計者のための技術情報」


アドビリーダー PDFファイルを表示するには、アドビ社のアドビリーダー(無償)が必要です。インストールされていない場合は、左のアイコンをクリックしてダウンロードして下さい。


[構造ホットラインへ戻る]



トップページへ
トップページへ

Copyright (C) KozoSoft Co.,LTD All rights reserved.