株式会社 構造ソフト

製品情報ダウンロードサポート技術情報会社情報サイトマップ


■構造ホットライン(構造設計者のための技術情報)
トップページ > 技術情報 > 構造ホットライン > 構造設計者のための技術情報


 構造ソフトの製品をお使いのユーザー様だけでなく、構造設計者の皆様全般を対象にした技術情報を掲載しています。



構造設計者のための技術情報

技術基準改訂による付着検討・付着割裂破壊検討の取り扱いについてわかりやすく解説

2016/06
アンカーボルトの扱いとルート3における露出型柱脚の検討についてわかりやすく解説
2014/10
保証設計やせん断破壊の取扱いをわかりやすく解説
<保有水平耐力時、保証設計時、Ds算定時の扱いとデータ制御>
2014/04
付着割裂破壊の検討の概要と取り扱いの注意点 2014/02
危険な運用からの脱却に向けて <耐震診断の実施義務化> 2013/11
偏心が大きくなる要因と計算方法により異なる剛心位置の注意点 2012/11
これならわかる耐震診断出力表の見方<E0の集計方法と出力結果での確認方法> 2011/12
横座屈が起きた時を保有水平耐力算定とする考え方について 2010/07
鉄骨造の耐震診断における留意事項 2010/07
ルート1-1における6.0mのスパン制限の考え方 2010/06
壁式構造で偏心率がNGの場合に総曲げ抵抗モーメントの確認で対処する考え方 2010/06
液状化の判定で加速度レベルに150galと200galを用いる考え方と設計への反映 2010/05
S造においてCoを1.0として1次設計を満足していれば、増分解析をしなくても
ルート3を満足していると考えてよいですか?
2010/04
吹き抜けがある場合の連層柱の剛性と偏心率 2010/04
壁式構造で杭基礎とする場合の留意事項 2010/03
接合部の検討が必要な計算ルート 2010/03
X方向をルート1-1とし、Y方向をルート1-2とすることは可能ですか? 2010/02
RC造で接合部破壊となった場合の対策 2010/01
RC造で接合部破壊とならない柱・梁の仮定断面を決める方法 2010/01
RC造で接合部破壊を許容してルート3で設計をする場合の問題点 2010/01
RC造の接合部にせん断破壊が発生するメカニズム 2010/01
朱鷺メッセ連絡橋落下事故/その実態から私が見たもの 2005/08
性能設計の運用が始まる 【PDF 54KB】 2001/08
地盤増幅率Gsの精算法による計算 【PDF 84KB】 2001/08
免震建築物に関するH12.建設省2009号の概略 【PDF 76KB】 2001/04
建築基準法施行令の改正(積雪荷重・風荷重) 【PDF 70KB】 2000/08
限界耐力計算の概要 【PDF 58KB】 2000/08
SI単位系の時代到来 【PDF 38KB】 2000/08
大学で教える単位系は曖昧だった(SI単位) 【PDF 763KB】 1999/08
新冷間成形角型鋼管 【PDF 101KB】 1997/12
極低降伏点鋼の紹介 【PDF 97KB】 1997/11
高性能鋼(SA440)の紹介 【PDF 80KB】 1997/10


構造関連最新ニュース

公立学校施設の耐震改修状況調査結果の公表 【文部科学省】

2015/06
耐震診断及び耐震改修に係る業務報酬基準の告示公布 【官報】 2015/05
「2015年版建築物の構造関係技術基準解説書」発行と講習会開催 【防災協会】 2015/05
建築基準法の改正によりルート2-3廃止 【国交省】 2015/03
建築基準法の一部を改正する法律の施行日等が閣議決定 【国交省】 2014/01
建築確認および構造計算適合性判定数の公表 【国交省】 2014/12
建築基準法の一部を改正する法律案が閣議決定 【国交省】 2014/03
耐震改修促進法改正案が閣議決定 【国交省】 2013/03
東京都が特定緊急輸送道を指定(道路沿い建築物の耐震診断義務化) 【東京都】 2011/06
建築確認手続き等の運用改善(第二弾)の公表 【国交省】 2011/03
東京都が主要幹線道路沿いの民間建築物の耐震診断義務化 【東京都】 2011/02
国による耐震化緊急支援(費用補助の受付) 【国交省】 2011/02
超高層建築物の長周期地震動対策義務化(パブリックコメント実施) 【国交省】 2010/12


構造計算書偽装事件・新法・大臣認定プログラム関連情報
 
大臣認定取得のお知らせ

2016/06
大臣認定プログラムの進捗状況(性能評価取得、大臣認定申請受理) 2015/05
大臣認定プログラムの進捗状況(2008年5月) 2008/05
【第8弾】 大臣認定プログラムの危険な運用始まる! 2008/03
大臣認定プログラムの進捗状況(2008年1月) 2008/01
【第7弾】 住民のためにならない改正建築基準法の問題と改善策点 2007/10
【第6弾】大臣認定制度の運用は間違っていないか? 2007/07
【第5弾】新法の取り扱いにおける経過措置 2007/03
【第4弾】大臣認定プログラムの現状と今後 2007/03
【第3弾】構造技術者の業務報酬のゆくえは? 2007/03
【第2弾】構造計算書偽装事件の社会的背景と耐震性能のほんと!(連載コラム) 2006/03
【第1弾】構造計算書の偽造事件についてのコメント 2005/11



アドビリーダー PDFファイルを表示するには、アドビ社のアドビリーダー(無償)が必要です。インストールされていない場合は、左のアイコンをクリックしてダウンロードして下さい。


[構造ホットライン(トップ)へ戻る]



トップページへ
トップページへ

Copyright (C) KozoSoft Co.,LTD All rights reserved.