株式会社 構造ソフト

製品情報ダウンロードサポート技術情報会社情報サイトマップ


■BUILD.杭保有 資料請求
トップページ > 製品情報 > BUILD.杭保有 > 概要

杭の保有水平耐力計算プログラム


BUILD.杭保有(ロゴ)


  • 「BUILD.杭保有」は、杭頭部を剛体で連結し、地盤と杭との連成は地盤反力係数khにより考慮し、荷重増分計算により杭の保有水平耐力を求めるプログラムです。

  • 杭のタイプは多種用意し、地盤の液状化等の考慮も可能となっています。


[概要] [計算] [出力] [その他]



特徴

  • 杭、地盤バネの非線形性を考慮します。
  • 水平地盤バネは、入力した地盤特性データやN値より自動計算します。また、直接入力することも可能です。
  • 液状化地盤は低減係数βを入力することで考慮します(低減係数βは、「BUILD.地盤・柱状/液状化」で計算することができます)。
  • 複数の地盤データを入力することが可能です。
  • 杭頭の拘束条件は、固定、ピン、任意のバネ定数の指定が可能です。杭脚の拘束条件は、固定、ピン、ローラーの指定が可能です。
  • 保有水平耐力の判定方法は、部材の終局ひずみ、変形、せん断力、せん断破壊から選択でき、併用することも可能です。
  • 単独で使用できるだけでなく、「BUILD.GPIII」から杭の部材断面や配置データをインポートすることが可能です。
  • 「BUILD.限界耐力III」「BUILD.一貫免震オプション」「BUILD.地盤・柱状/地盤応答」で登録した地盤データのインポートが可能です


適用範囲

  • 【解析規模】
    杭長:1〜200(m)

    N値入力:深度ごとに200まで

  • 【取り扱える杭の種類】
    場所打ちコンクリート杭
    場所打ち鋼管コンクリート杭
    PHC杭
    PRC杭
    鋼管杭
    SC杭(上杭)+PHC杭(中・下杭)等の指定が可能(最大5断面)、杭頭補強も入力可能
杭定義の画面(図)
【杭定義の画面】
図をクリックすると拡大表示します




[概要] [計算] [出力] [その他]

次のページへ

[製品紹介へ戻る]



トップページへ
トップページへ

Copyright (C) KozoSoft Co.,LTD All rights reserved.