株式会社 構造ソフト

製品情報ダウンロードサポート技術情報会社情報サイトマップ


■BUILD.耐診RC/官庁施設オプションII 資料請求
トップページ > 製品情報 > BUILD.耐診RC/官庁施設オプション

ひび割れを考慮した立体解析モデルによる
保有水平耐力計算結果を使用した官庁施設の総合耐震診断プログラム


BUILD.耐診RC/官庁施設オプションII(ロゴ)




概要

  • 適用構造種別はRC造、SRC造、S造です。「BUILD.一貫V」で保有水平耐力計算ができる部材形状が適用範囲となります。
  • 「BUILD.一貫V」の保有水平耐力計算を使用するため、立体解析モデルによる結果を用い、RC造とSRC造ではひび割れを考慮します。
  • 「BUILD.一貫V」で保有水平耐力まで計算し、データリンクした各階ごとの保有水平耐力Qu及び、必要保有水平耐力Qun、必要保有水平耐力の補正係数α、重要度係数Iにより構造耐震係数gIsを算出します。
  • データリンク後、「BUILD.耐診RC/官庁施設オプションII」で施工状態や材料性能を評価する品質係数と変形亀裂や変質老朽化を評価する経年係数を入力します。
  • 「BUILD.耐診RC/官庁施設オプションII」で集計計算を実行し、官庁施設の総合耐震診断の形式に従った、診断結果を出力します。


計算書の出力

  • 耐震診断表には、診断結果、保有水平耐力、必要保有水平耐力、形状係数、劣化係数、層間変形角、補正係数、基礎構造を出力します。
    出力例
    図をクリックするとPDFを表示します


■ 準拠する基規準、参考文献等

  • 建設省大臣官房官庁営繕部監修、(一財)建築保全センター「官庁施設の総合耐震診断・改修基準及び同解説」(平成8年版)


レンタル

  • 短期間のご利用に便利な1ヶ月単位でのレンタルも可能です。
  • 詳細は、弊社営業部までお問い合わせ下さい。


■ 初期導入時も安心

  • 弊社製品を初めて導入していただくお客様に対し、インターネットを利用したインストールとデモを、担当オペレーターが電話で説明を加えながら行うサービスを無料で用意しています。
  • 詳細は、初期導入支援サービスを参照して下さい。


動作環境

動作環境
OS Windows10/8.1/7
CPU OSのシステム要件以上
メモリ OSのシステム要件以上
ディスプレイ(解像度) 1024×768ドット以上(1280×1024ドット以上を推奨)
ハードディスク 200MB以上の空き容量
その他 インターネットに接続できること

以下の製品等も必須となります
「BUILD.一貫V」または「BUILD.一貫V/低層版」(「保有なし」のタイプを除く)
「BUILD.耐診RCI&II/2001年基準Ver.6」または「BUILD.耐診RCIII/2001年基準Ver.6」
「BUILD.一貫V」および「BUILD.耐診RC Ver.6」のプログラムメンテナンス

※仕様は、予告なく変更する場合があります。予めご了承ください。




[製品紹介へ戻る]


アドビリーダー PDFファイルを表示するには、アドビ社のアドビリーダー(無償)が必要です。インストールされていない場合は、左のアイコンをクリックしてダウンロードして下さい。



トップページへ
トップページへ

Copyright (C) KozoSoft Co.,LTD All rights reserved.