株式会社 構造ソフト

製品情報ダウンロードサポート技術情報会社情報サイトマップ


■BUILD.積算II 資料請求
トップページ > 製品情報 > BUILD.積算II

躯体積算プログラム


BUILD.積算II(ロゴ)


  • 「BUILD.積算II」は、弊社一貫計算プログラム「BUILD.一貫V」および壁式鉄筋コンクリート造一貫計算プログラム「BUILD.壁式IV+」からデータをリンクし躯体数量を算出するプログラムです

  • コンクリート体積・型枠面積・鉄筋重量・圧接箇所数・鉄骨(形鋼・プレート)重量・ボルト組数を算出します。各算出結果を利用して、計算書・集計表を作成します。さらに、集計結果とロス率・単価・手間・その他に従って内訳書を作成し、総合計金額を算出します。

  • 特定の部位・部材については、補足データとして「BUILD.一貫V」および「BUILD.壁式IV+」からリンクしたデータに対し、直接入力を行うことが可能です。さらに、リンク対象となっていない独立基礎・手すり・柱の継手・階段・雑については、直接入力を行うことで計算書・集計表に追加することができます。


[概要] [入力] [出力] [その他]



特徴

  • 「BUILD.一貫V」からデータをリンクし、S造・RC造・SRC造の積算を行います。「BUILD.壁式IV+」からデータリンクすることで、WRC造にも対応できます。
  • 計算は、建築数量積算基準(建築積算研究会制定)に準じた方法を用いています。
  • 計算可能な部位は下記の通りです。
    1.独立基礎 2.底盤 3.基礎大梁 4.基礎小梁 5.柱 6.大梁 7.小梁 8.壁
    9.ブレース 10.スラブ 11.階段 12.階段 13.手すり 14.雑(その他)
  • 鉄筋量の計算では、鉄筋の連続性、定着、継手(重ね継手・圧接)、フックを考慮しています。
  • 「BUILD.一貫V」「BUILD.壁式IV+」からリンクしたデータを用いてすぐに計算実行できます。各部位ごとに算出される部材および算出に使用するデータの種類は、下記の通りです。
【BUILD.一貫Vからリンクした場合】
部位 コンクリート 型枠 鉄筋
(主筋等)
腹筋・
幅止筋
鉄骨
(形鋼)
鉄骨
(PL)
継手
(HTB)
継手
(PL)
独立基礎
底盤
基礎大梁
基礎小梁
大梁
小梁

(フレーム内)
主筋◎
開口補強筋○

(フレーム外)
ブレース
スラブ
パラペット
手すり
階段

【BUILD.壁式IV+からリンクした場合】
部位 コンクリート 型枠 鉄筋
(主筋等)
腹筋・
幅止筋
独立基礎
底盤
基礎大梁
基礎小梁
大梁
小梁

主筋◎
開口補強筋○
ブレース
スラブ
パラペット
手すり
階段

 ◎: リンクしたデータにより計算します。
 ○:  「BUILD.積算II」のデフォルト値等で計算します。直接入力することで精度を上げることができます。
 ☆:  直接入力したデータにより計算します。
 −:  計算しません。




[概要] [入力] [出力] [その他]

次のページへ

[製品紹介へ戻る]



トップページへ
トップページへ

Copyright (C) KozoSoft Co.,LTD All rights reserved.