株式会社 構造ソフト

製品情報ダウンロードサポート技術情報会社情報サイトマップ


■BUILD.一貫V 資料請求
トップページ > 製品情報 > BUILD.一貫V > プレミアムモード


[概要] [プレミアムモード] [入力] [計算] [出力] [その他]



プレミアムモードは、次の便利なオプション機能の総称です。各機能を使用するには、BUILD.一貫V・プレミアムモードのご契約が必要です。
  • 楽楽(らくらく)モード
  • 3D表示モード
  • 大臣認定互換モード
  • ST-Bridge変換
  • 計算書と入力データをストック
  • 連続計算機能
  • 保有水平耐力計算のマルチスレッド対応
  • ベタ基礎の沈下量計算 
それぞれの機能概要を以下に示します。



■ 楽楽モード


楽楽モードとは?
  • 楽楽(らくらく)モードは、計算実行するための入力データを短時間で作り出し、直ちに設計行為に入ることができ、さらに設計行為を支援する環境を提供することも目指した入力・設計アシスト機能です。入力データの作成に手間を掛けずに様々なシミュレーションが“気楽に”でき、そこから設計のノウハウをも習得できたり、熟練者なら匠の技を存分に発揮できて“楽しみながら”構造設計がはかどることをイメージして“楽楽モード”と呼んでいます。
  • データの入力時に、RC造、S造の柱と大梁に関して、部材リストを定義せずに配置を行うことができ、初期断面を自動で設定することができます。部材符号もデフォルトで設定できますので、整形なモデルならスパン数、スパン長、階数、階高、床荷重を設定するだけで計算実行可能な入力データを作成することができます。楽楽モードは最小の入力段階でも設計行為としてのシミュレーションを始めることができ、徐々に建物の入力精度を高めながら設計行為としての操作およびシミュレーションができ、施主が望む要求性能に近づけることができます。最終段階では、通常モードに切り替えて仕上げとなるデータ変更と計算結果の確認をすることになります。

楽楽モード(RC造)の概要
  • 入力した建物規模を考慮した、コンクリート強度、鉄筋径、大梁せいと幅の制限値、柱せいと幅の制限値が設定されます。
  • 梁幅や柱サイズを同じサイズとするグループ指定ができます。
  • 部材ごとにせいや幅を固定値に設定することや、MAXの制限値を設けることで楽楽モードの計算実行ができます。
楽楽モード(オートデモ)
【10〜15分で初期データ完成】
図をクリックするとオートデモを再生します

楽楽モード免震計算の概要
  • 「BUILD.一貫免震オプション」を所有していなくても、免震告示計算を行った場合のシミュレーションを行えます。柱・梁のサイズ、免震装置、ダンパー情報を自動計算し、耐震設計と断面比較が可能です。


■ 3D表示モード

  • 3D表示モードでは、壁開口や小梁まで表示できます。データの入力の途中でも表示することができ、入力ミスを削減できます。また、マウス操作で視点位置を高速に移動でき、建物の内部に視点を移すウォークスルー表示も可能で、プレゼンにも効果を発揮します。
3D表示モード(オートデモ)
【RC造の表示例】
 図をクリックするとオートデモを再生します

3D表示モード・建物内部(オートデモ)
【S造の表示例】
 図をクリックするとオートデモを再生します


■ 大臣認定互換モード

  • 大臣認定プログラムによるグレード(耐震性能)で計算を実行したらどんな結果になるのかを知っておきたい。それを可能にするのが「大臣認定互換モード」です。
  • 平成28年6月に大臣認定を取得した「BUILD.一貫X[大臣認定版]」にて計算を行うとどのような結果となるのかを画面上で確認できます。
  • 通常の法令・告示・基準に従った設計よりも、厳しい条件が設定されている性能評価仕様(平成19年の改正建築基準法による新しい大臣認定プログラムの仕様)に従うと計算結果はどう変わるのか、一段上の性能になる大臣認定プログラムの計算を満足させるにはどうするのかを把握することができます。


■ ST-Bridge変換

  • (一社)building SMART Japan(旧IAI日本)の構造分科会で進められている日本国内の建築構造分野での情報交換のための標準フォーマット「ST-Bridge」形式のファイルへ、「BUILD.一貫V」のデータをエクスポートすることができます。


■ 計算書と入力データをストック

  • 計算後の計算書と入力データに名前を付けて、現在の物件の中にバックアップしてストックすることができます。物件を新たに追加しないで、計算条件を少しだけ変えた計算書を複数保管したり、同時に表示して比較したりすることが可能です。
  • ストックできる数に制限はありません。また、ストックしたデータは、復元を行うことで、再編集したり、再計算することができます。
計算書と入力データをストック
【計算書の複数同時表示】
 図をクリックすると拡大表示します


■ 連続計算機能

  • 複数の物件の計算実行を一度に指定できる機能です。条件を少しずつ変えて、複数ケースのシミュレーションを行いたい場合などに有用です。
  • お昼休みや外出時など、席を離れる前に実行すると便利です。


■ 保有水平耐力計算のマルチスレッド対応

  • マルチスレッドとは、一つのコンピュータプログラムを実行する際に、複数の処理を並行して進める機能です。この機能を利用して保有水平耐力計算の荷重増分解析実行時に、X方向の正加力・負加力、Y方向の正加力・負加力の4ケースを並行して計算できるようになります。
  • CPUやCPUコアが複数あるコンピュータでこの機能を利用でき、OSは32bitと64bitどちらでも対応できます。
  • 短縮される時間は建物の規模やPCの動作環境によって異なります。


■ ベタ基礎の沈下量計算



■ プレミアムモード契約の詳細

  • プレミアムモードの価格等の詳細は、以下のボタンから参照して下さい。
    プレミアムモード契約の詳細





[概要] [プレミアムモード] [入力] [計算] [出力] [その他]

前のページへ 次のページへ

[製品紹介へ戻る]


アドビフラッシュプレイヤー オートデモを再生するには、アドビ社のフラッシュプレイヤー(無償)が必要です。インストールされていない場合は、左のアイコンをクリックしてダウンロードして下さい。



トップページへ
トップページへ

Copyright (C) KozoSoft Co.,LTD All rights reserved.