株式会社 構造ソフト

製品情報ダウンロードサポート技術情報会社情報サイトマップ


■BUILD.3SII/偏心率剛性率固有値解析オプション 資料請求
トップページ > 製品情報 > BUILD.3SII/偏心率・剛性率・固有値解析オプション

「BUILD.3SII」用オプションプログラム

BUILD.3SII/偏心率・剛性率・固有値解析オプション(ロゴ)



  • 「BUILD.3SII/偏心率・剛性率・固有値解析オプション」は、「BUILD.3SII」に偏心率・剛性率・固有値解析の計算機能を追加するオプションプログラムです。


特徴

  • 【偏心率・剛性率の計算】
    ビーム要素・トラス要素・壁エレメント要素で構成された、立体モデルの偏心率・剛性率を計算します。また、重心位置・剛心位置を図化出力形式で図示します。

  • 【固有値計算】
    任意の節点を指定して配置する方法の他、平面・立体の範囲を選択して配置することも可能です。また、固有モード図を図化形式で出力します。


    固有モード図
    図をクリックすると拡大表示します


備考

  • 任意形状を扱う「BUILD.3SII」で剛性率・偏心率を計算するにあたり床レベルが必要になります。剛床条件で指定する方法と床レベルを指定する方法があり、剛床条件や床レベルの指定がない場合は、存在する節点位置を下方から順に高さ方向の床レベルとして自動設定することも可能です。

  • 「BUILD.3SII/偏心率・剛性率・固有値解析オプション」は、立体モデルを対象とした計算機能ですので、「BUILD.3SII/2D」ユーザー様はご使用いただけない(不要)の製品です。


レンタル

  • 短期間のご利用に便利な1ヶ月単位でのレンタルも可能です。
  • 詳細は、弊社営業部までお問い合わせ下さい。


■ 初期導入時も安心

  • 弊社製品を初めて導入していただくお客様に対し、インターネットを利用したインストールとデモを、担当オペレーターが電話で説明を加えながら行うサービスを無料で用意しています。
  • 詳細は、初期導入支援サービスを参照して下さい。


動作環境(「BUILD.3SII」シリーズ共通)

動作環境
OS Windows10/8.1/7/Vista
CPU OSのシステム要件以上
メモリ OSのシステム要件以上
ディスプレイ(解像度) 1024×768ドット以上(1280×1024ドット以上を推奨)
グラフィック OpenGLをサポートしているグラフィックカード
ハードディスク 200MB以上の空き容量
その他 インターネットに接続できること

※仕様は、予告なく変更する場合があります。予めご了承ください。




[製品紹介へ戻る]



トップページへ
トップページへ

Copyright (C) KozoSoft Co.,LTD All rights reserved.