株式会社 構造ソフト

製品情報ダウンロードサポート技術情報会社情報サイトマップ


■経営方針と夢
トップページ > 会社情報 > 会社概要 > 経営方針と夢

Policy&Dream


ビックキャンパス
(株)構造ソフトの最大の特色は、開発主導型企業として独自のスタンスを確立していることです。受託業務が中心といわれるソフトウェア業界にあって、当社は1983年に設立以来、常に自社開発をメインに積極的な事業を推し進め、数々の画期的なソフトウェア・プロダクツを世に送り出してきました。

 いうまでもなく、建築分野はコンピュータ利用技術の最先端を歩んでいます。当社は、そこに特化した技術蓄積を有するとともに、惜しみ無い研究・開発投資を行っており、ソフトウェア技術において建築業界大手を超える高いレベルの研究・開発を実現しています。
だからこそ当社は、開発主導型という独自の企業スタイルを貫いていくことができるのです。

 当社のソフトウェア開発思想を一言でいうと『既存のソフトウェアをはるかに超える商品でなくては存在価値がない』ということです。時代の一歩先を見る洞察力をフルに発揮して、ニーズを先取りした革新的な商品開発を展開しています。著しい進歩を遂げるハードウェアの将来的レベルを予測し、それに基づいて将来性・拡張性に富んだシステムを開発していくことで、自らの手で先駆的にニーズを開拓・創造しているのです。

 今後も“建築新時代を創造するシステムクリエーター”として、より先駆的な開発を推し進めていくことはもちろんのこと、建築ソフトウェア分野を建築業界に不可欠な大きな柱へと育成し、その頂点で活躍できるよう独自の事業基盤を確立していこうとしています。


経営ビジョン
− 全ては不可能から始まった −
代表取締役社長 星 睦廣
「30歳になったら独立しよう」と思ったのは学生時代である。「諸君」という雑誌の中に「20代に人生の大きな足跡を残しなさい」との一節に触れた頃である。
 この20代はどの学生時代よりも勉強したし、よく仕事もした。家に帰るのは週に一度ぐらいだっただろうか。妻から「子供が生まれそう」との電話が入ったのは会社で仮眠していた深夜の2時ごろだった。
 そして30歳、辞表を出し「独立」と思ったが、そう簡単に問屋が卸してくれない。実際独立できたのは2年後である。「飛ぶ鳥後を濁さず」、きれいな足跡を残せない人間に、これから何ができるのか?と自問自答し2年間を残務整理等で過ごした。

 独立したときは、鳥篭から飛び出した鳥のような解放感を感じた。これから大きく飛び立つぞという気概と、自分の前に「不可能はない」という自信と、逆境に強いという精神力があったので、全く不安はなかった。

 会社を始めてまず最初に行ったのは、2年間を要する大きな開発をするための資金を出してくれるスポンサーを探すことであった。だれもが「不可能」と思った。
 全くの白紙から始まって4カ月で契約にこぎつけた。これが「不可能」を可能にした最初の出来事である。
 次の不可能はワークステーションで開発したソフトを、パソコンに移植する作業の時である。この時は、社員と「移植はあきらめましょう」「いや、もう少し頑張れ」との会話が毎日のように続いた。このころはコンピュータもOSも、フォートラン言語も、今のようにしっかりしていなかったため苦労した。
 そして、誕生したのが保有水平耐力プログラムの「BUILD.LP」である。精算法を取り入れたパソコン初のソフトとなった。

 その後のソフト開発思想も、「どこもやっていないもの」「やれなかったもの」を目指した。一次設計計算ソフトの「BUILD.一貫」、基礎構造一連ソフトの「BUILD.GP」、いずれも今までにないユニークな解法を取り入れた業界初の革新的なソフトに仕上がった。さらには、免震構造や超高層建物のための「BUILD.DD」シリーズ、特殊構造のための「BUILD.3S」等と、やはり今までにないソフトの出荷が始まった。

 私たちの開発会議において「それは大変難しいですね」とか「非常に大変な作業です」との言葉が飛び交うが、私はそのような言葉をあまり気に留めていない。なぜなら、わたし流の言葉に置き換えれば「それは可能です」と聞こえるだけだからだ。
 もし社員が、「それは不可能ですね」といったら「ニコッ」と微笑んでしまう。
 もしかしたらここに、私たちの挑戦すべきものが隠されているかもしれない、という期待にかられるからである。

 私たちは常に「チャレンジ精神を持ち、この業界の発展に大きく貢献したい」と願っている。
社員育成基本方針

−(株)構造ソフト 社員育成基本方針より−

 皆さんから信頼され、常に素晴らしいものを開発してくれると、期待される会社でありたい。そしてこの業界になくてはならない存在価値のある会社を目指したい。
経営基本方針

−(株)構造ソフト 経営基本方針より−
 これが(株)構造ソフトの経営ビジョンです。

 この業界の最先端で牽引者的な役割を担えるよう、不可能を不可能と思わずチャレンジ精神旺盛に、これからも挑戦し続けます。


[会社情報へ戻る]



トップページへ
トップページへ

Copyright (C) KozoSoft Co.,LTD All rights reserved.